Hayato Ichihara Official Web Site

NEWS

ミュージカル「生きる」製作発表会見!


市原隼人出演ミュージカル「生きる」の製作発表会見が都内で行われ、市原が出席した。

同作は、スティーヴン・スピルバーグやジョージ・ルーカスなどをはじめ、世界じゅうの映画監督に影響を与えた「世界のクロサワ」こと黒澤明監督(1998年没)が1952年に発表した代表作「生きる」を、グラミー賞受賞の作曲家、ジェイソン・ホーランドと、日本を代表する演出家、宮本亜門がタッグを組みミュージカル化。まもなく60歳で定年を迎えようとしている市民課長の渡辺勘治が、当時、不治の病とされていた胃がんになり、死んだように生きていたこれまでの人生を悔い、自分の残りの人生をかけて、市民のために小さな公園を作るというヒューマンドラマで、黒澤作品がミュージカルになるのは世界初のこととなり、大きな注目を集めている。

役所の市民課に30年勤め続ける渡辺課長は、毎日変わりのない日常を過ごし、黙々と仕事をするばかり。そんな時、身体の不調を感じ病院に行き、自分が胃がんであることを知る。あまり時間が残されていないことを知った渡辺は、これまでの人生を考えて苦悩する。
初めて欠勤し、貯金から5万円をおろして夜の街を歩く。知り合った小説家と遊び周るも空しい気持ちが残る。
そんな折、偶然街で出会った同僚の女性 小田切とよと何度か食事を一緒にする中で、その若さ、生命力に魅かれていく。渡辺は、とよに胃がんであること、生き方への悩みを告げる。そこで、とよから「何か作ってみたら?」と提案され、渡辺の新たな人生が始まる。

市原は、主人公・渡辺勘治(市村正親/鹿賀丈史(ダブルキャスト))の一人息子・渡辺光男を演じる。

会見にて、「僕には合わないのかなと思い、ミュージカルはずっとご縁を避けてきました。でも30歳を超えて、いろいろな世界を見たいと思ったんです。そのきっかけは僕の父親で、しばらく体調が優れず、今は車椅子も自分で動かせない状態です。そんな父を見ていて、何で親父にもっといろいろなことをしなかったんだろうという思いと、、、親父から若いうちにもっといろいろな世界を見たほうがいい、動けるうちにいろいろなことをしたほうがいいと教わりました。そんな思いも含めて新たな世界に足を踏み入れたいと思い、敬意をもってミュージカルに参戦させていただきます。よろしくお願いします。」と心境を語った市原。

会見前日まで行われていたワークショップで、初めてミュージカルの現場に参加した市原だが、「お客様の感情をより動かすことができるのがメロディや音楽、間合いなんだと改めて感じました。(市村さん、鹿賀さんが出演されている)『ラ・ カージュ・オ・フォール 籠の中の道化たち』を観劇させていただいて、そのすぐ後に楽屋へ挨拶に伺ったのですが、その時に市村さんが(『生きる』のラストソング)「ゴンドラの唄」を歌ってくださったんです。興奮というか感動というか、言い表せない感情が出てきて、舞台の上でも感じたのですが、セリフだけど歌、歌だけどセリフのようでした。観ているお客様によって観点も違うし、何度観ても楽しいのがミュージカルなんだと感じました。そして、昨日のワークショップは市村さんとだったのですが、声を聞いて、父と子の絆や声のパワー、胸の奥に突きるような優しさを感じ、涙をこらえるのが必死でした。この感動を皆さんに観ていただきながら持ち帰っていただいて、いろいろな方に伝えていただけたらと思います。」と話した。

その後、マスコミ向けに囲み取材が行われ、「公演まで半年あるので、やるべきことをしっかりやって臨みたいです。また、親子の話でもあるので、優しさと大胆さをお伝えできるように努力したいと思います。」と話すと共に、歌の猛特訓を行っているとのことで、「ワークショップで朝からずっと練習して、声がガラガラです(笑)。メロディももちろんですが、役者なので感情を伝えることを第一に歌っていきたいです。」と意気込んだ。

また、市村さん、鹿賀さんについて、「舞台を支えてくださっている大先輩。言葉数は少なくても背中で見せてくださる鹿賀さん、包容力があって優しい言葉をかけてくださる市村さんがダブルキャストになることによって、全く違う舞台になると思います。大好きなおふたりです。」と笑顔をみせた。

最後にタイトルにちなみ“生きる目標は?”という質問があがり、「本気で泣けて、笑えて、悔しがって、物事の根源を大切にし続けること。役者はどうやって始まったのか、エンターテイメントってどうして始まったのか、お芝居って誰の何のためにあってどこに向かうべきなのか。ずっと考え続けることが生きる糧です。」と力強く語った。

ミュージカル「生きる」は、10/8(月・祝)~10/28(日)東京・TBS赤坂ACTシアターで上演。
ぜひご期待ください!

(敬称略)
映画「あいあい傘」出演決定!


市原隼人が10月公開の映画「あいあい傘」に出演することが発表された。

同作は、運命に翻弄され、25年間会いたくても会えなかった娘“さつき”と父“六郎”の親子の再会を描いた物語。本作の原案となった舞台「あいあい傘」(2007年 東京セレソンデラックス上演)で主演・脚本・演出を務めた宅間孝行がメガホンをとり、11年の時を経て、号泣必至と言われた幻の名作を映画で蘇らせる。

恋園神社のある小さな田舎町。年に一度の祭りが近づいた日、さつき(倉科カナ)は 25 年前に姿を消した父の六郎(立川談春)を探しにその町へやって来た。宿に向かう途中、偶然にも六郎を知るテキ屋の清太郎(市原隼人)と出会い、祭りの取材をしたいという嘘をついて町を案内してもらうことにする。散策しながら次第に明らかになる現在の六郎の生活。さつきは意を決して、父の新しい家族──奥さんの玉枝(原田知世)と彼女の一人娘に会いに行こうとするが、離れ離れだった25年間の六郎の暮らし、そして真実の想いを知った時、長い間忘れていた感情がさつきに甦るのだった…。

市原は、まっすぐな熱血漢、でも涙もろくて情に厚いテキ屋・雨宮清太郎を演じる。
清太郎は、さつきの想いを知り、六郎との25年ぶりの再会に一肌脱ぐという役どころ。

「大切な人を想う」とはどういうことなのか。家族の幸せを願う、すべての大人たちに贈る感動作!映画「あいあい傘」は、10月公開。
ぜひご期待ください!

(敬称略)
ミュージカル「生きる」出演決定!


市原隼人が10月にTBS赤坂ACTシアターにて上演されるミュージカル「生きる」に出演することが発表された。

同作は、スティーヴン・スピルバーグやジョージ・ルーカスなどをはじめ、 世界じゅうの映画監督に影響を与えた「世界のクロサワ」こと黒澤明監督(1998年没)が1952年に発表した代表作「生きる」を、グラミー賞受賞の作曲家、ジェイソン・ホーランドと、日本を代表する演出家、宮本亜門がタッグを組みミュージカル化。還暦直前に余命半年を告げられた主人公・渡辺勘治が、残りの人生を懸けて市民のための公園を建設しようとするヒューマンドラマで、黒澤作品がミュージカルになるのは世界初のこととなり、大きな注目を集めている。

同作でミュージカル初出演となる市原は、主人公・渡辺勘治(市村正親/鹿賀丈史(ダブルキャスト))の一人息子・渡辺光男を演じる。
光男は最後まで、死を身近に感じ「生きる」意味を探す父親の思いを知ること無く、行動も理解できずに苦悩する役柄。同作では、父と子のすれ違いや葛藤も描かれる。

黒澤明没後20年を記念したミュージカル「生きる」は、10月に東京・TBS赤坂ACTシアターで上演。
ぜひご期待ください!

(敬称略)
ドラマ「明日の君がもっと好き」記者会見!


市原隼人主演ドラマ「明日の君がもっと好き」(テレビ朝日)の記者会見が1/18(木)都内で行われ、共演者と共に市原が出席した。

同作のテーマは、“人生に一度だけの大切な恋”――。
「女は面倒くさい」と言ってはばからない、恋に冷めた造園デザイナー・松尾亮(市原)、ダメ男とばかり関係を持ち、恋をあきらめかけている30代女性秘書・里川茜(伊藤歩さん)、人懐っこいキャラとは正反対のウラの顔を持つ新社会人の男・城崎遥飛(白洲迅さん)、そして、自身の性的アイデンティティーに悩み、昼は工事現場、夜はガールズバーで働く丹野香(森川葵)といった、一癖も二癖もある<オトコ2人?オンナ2人>の男女が、一筋縄ではいかない恋愛模様を繰り広げる新感覚のヒューマンラブストーリー。
さらに、4人の恋路に首を突っ込む茜の妹・黒田梓(志田未来さん)も加わりそれぞれにヒミツを抱えながら、結ばれたり、離れたり…を繰り返し、次に何が起こるかわからない“想定外”の物語を紡ぎ出していく。
また、登場人物それぞれの仕事観や、人知れず抱えた心や体に関する煩悶、家族との葛藤など、さまざまな要素を交えた濃密な人間ドラマを展開。恋愛だけではない、上質で味わい深いエンターテインメント作品として描かれる。

市原は、老舗造園会社『丹野園』に住み込みで働く、造園デザイナー・松尾亮を演じる。亮は、九州・博多を拠点とする大衆演劇の名門一座に次男として生まれるが、口下手で役者になることを嫌い中学卒業と同時に出奔。東京で行く当てもないところを、造園会社の社長に拾われた。趣味はカメラで蝶など昆虫や草花を撮ること。声をかけてくる女性とは付き合うものの恋や愛には興味がない植物系で、休日はカメラ片手にバイクで出かけては、一人の自由な時間を過ごしている、という役どころ。

ドラマで重要なシーンを繰り広げるガールズバー「桃の秘密」のスタジオセットで行われたこの日の会見。作品について市原は、「社会派のような、観ているお客様に問いかけお客様自身が見つめ直しことができるような作品。深い鋭利な角度から描いたスピード感あふれる恋愛群像劇を楽しんでいただければと思います。宜しくお願いします。」とPRした。

また、自身の役柄について、「まず“言葉がヘタ”というセリフがあって、自分にピッタリだなと思って笑ってしまいました。僕自身、バイクとカメラがすごく好きで、この作品の中で自分の愛車を出しています。1話の完成したものを観た時に“カッコイイ”と言いながら10回位観てしまいました(笑)。僕の好きなことに囲まれてできる現場なので、すごく嬉しいです。」と満面の笑みで話した。

その後、現場の雰囲気を聞かれ、「離れたくなくなるような現場。先日、キャストで食事にいったのですが、帰りたくなくなってしまったことも―。本当に大好きです。」と愛情たっぷりに語った。

登場人物たちが運命に翻弄されていく姿を描いていることから、自身が経験した運命の出会いは?という質問があがり、「支えてくださるファンの方です。時間が経ったので言えることですが、“あと数ヶ月しか命がない。でも病室で隼人くんの笑顔や作品を見ると頑張れるんです。”って言っていただける方がいて、そのときに涙が止まらなかった。役者やドラマ、エンターテイメントというものはお客様のためにあるんだという根源を改めて感じさせていただきました。その出会いはずっと忘れません。」と告白した。

その後、11年ぶりの共演となる伊藤歩さんについて、「13歳の時に初めてお会いしました。その時から世界観があって、自分の経験で目の前のものを見ている女性でした。また、繊細でもありながら力強く凛としている姿に、素敵なお姉さんだなという印象を持ちました。当時はその背中を追っていて、今でも変わらず現場のどこかで背中を追いかけている部分があって、それはずっと変わらないことだと思います。その感覚が嬉しくて、墓に入るまでやっていける職業の財産なのかなと。いろいろなことを乗り越えてやっていけば、こういう経験ができるんだと改めて感じさせていただいた方です。絶対的な安心感がありますし、成長した自分を見せたいという気持ちも沸いてくる、緊張と緩和を両方いただけるような素敵な方だと思っています。」と話した。

ドラマ「明日の君がもっと好き」は、テレビ朝日にて1/20(土)より毎週土曜23:05~O.A!
ぜひお楽しみください。
ドラマ「明日の君がもっと好き」主演決定!


市原隼人が、2018年1月スタートのドラマ「明日の君がもっと好き」(テレビ朝日)で主演を務めることが発表された。

同作のテーマは、“人生に一度だけの大切な恋”――。
「女は面倒くさい」と言ってはばからない、恋に冷めた造園デザイナー・松尾亮(市原)、ダメ男とばかり関係を持ち、恋をあきらめかけている30代女性秘書・里川茜(伊藤歩さん)、人懐っこいキャラとは正反対のウラの顔を持つ新社会人の男・城崎遥飛(白洲迅さん)、そして、自身の性的アイデンティティーに悩み、昼は工事現場、夜はガールズバーで働く丹野香(森川葵)といった、一癖も二癖もある<オトコ2人?オンナ2人>の男女が、一筋縄ではいかない恋愛模様を繰り広げる新感覚のヒューマンラブストーリー。 さらに、4人の恋路に首を突っ込む茜の妹・黒田梓(志田未来さん)も加わりそれぞれにヒミツを抱えながら、結ばれたり、離れたり…を繰り返し、次に何が起こるかわからない“想定外”の物語を紡ぎ出していく。
また、登場人物それぞれの仕事観や、人知れず抱えた心や体に関する煩悶、家族との葛藤など、さまざまな要素を交えた濃密な人間ドラマを展開。恋愛だけではない、上質で味わい深いエンターテインメント作品として描かれる。

市原は、老舗造園会社に住み込みで働く、造園デザイナー・松尾亮を演じる。亮は、九州・博多を拠点とする大衆演劇の名門一座に次男として生まれるが、口下手で役者になることを嫌い中学卒業と同時に出奔。東京で行く当てもないところを、造園会社の社長に拾われた。趣味はカメラで蝶など昆虫や草花を撮ること。声をかけてくる女性とは付き合うものの恋や愛には興味がない植物系で、休日はカメラ片手にバイクで出かけては、一人の自由な時間を過ごしている、という役どころ。

同作について市原は、「この作品はラブストーリーではありますが、その裏側で登場人物ひとりひとりが抱えているものを深く、鋭利な角度から描いていくヒューマンドラマでもあります。しかも、彼らの恋は一筋縄ではいかず、天秤のようにギリギリのバランスで成り立っている…。何かひとつでもズレてしまうとすべてが壊れてしまうような関係が展開する、美しくもはかない、素敵な作品だと思います。」とコメント。

演じるにあたり、「僕はよく、“熱い男”のイメージがあるといわれるのですが、まったくもって熱くないです(笑)。役者は作品によって見られ方が変わると思うので、今回、また自分の新たな一面をお見せできるのが、とても楽しみですね。実は、主人公がバイクとカメラが趣味の男と聞いて、2つ返事でお引き受けしました。僕もバイクやカメラは大好きなので、自前のものを使わせていただき、細かい動きも、しっかりと手を抜かずに作っていきたいと思っています。」と意気込みを語った。

また撮影について、「伊藤歩さんは13歳の頃から知っていて、共演は約11年ぶり。初共演のとき、“すごくキレイな女性だなぁ”と思っていたので、その方とラブストーリーという形でご一緒するのはちょっと恥ずかしく、現場から逃げたいぐらいです(笑)。そのほか、素晴らしいキャストの方々が揃っていますが、僕は“現場にいる全員が主演”と思っているので、それぞれやりたいことをやって気がついたら“円”になっている現場が理想。その輪の中で、キャスト、スタッフの皆さんとテーマを確認しあいながら、ドラマを作り上げていけたら…。」と期待を寄せた。

そして最後に、「この作品ではそれぞれの登場人物の生い立ちや価値観、それに対する世間の見方などが深く描かれ、生きる上でのヒントになるようなシーンがたくさんあります。このドラマが“人生のひとつの経験”として視聴者の皆さんの胸の中に入ると嬉しいです。」と話した。

ドラマ「明日の君がもっと好き」は、2018年1月より、テレビ朝日にて毎週土曜23:05~放送。
ぜひ、ご期待ください!
NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」クランクアップセレモニー!


市原隼人出演、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」が、10/11(火)舞台の地・浜松の久留女木の棚田でクランクアップを迎え、主演の柴咲コウらと共にクランクアップセレモニーに出席した。

同作は、戦のたびに当主を殺され、ただひとり残された姫が「直虎」という勇ましい男名を名乗って立ち向かい、自ら運命を切り開いて戦国を生き抜いた激動の生涯を描いた物語。
市原は、龍潭寺の僧侶で、出家したおとわ(直虎)にとって兄弟子にあたる傑山を演じている。武芸に秀でているので時にボディーガードの役割も果たし、直虎を陰で支えるという役どころ。

クランクアップの場所となった久留女木の棚田は、昨年10月にも撮影が行われた場所。1年が経ち地元の方々の協力のもと、最終話(12/17放送予定)で井伊谷の民が、里の豊かな実りを感謝する温かなシーンが撮影された。

収録最終シーンを撮り終え、クランクアップを祝う花束を受け取った市原は、「おとわから、次郎法師となり、亡くなる時まで直虎を見させていただいたので、最後にお経を唱える時は感慨深いものがありました。一年間通してでないと見れない景色と感動が沸いてきて、本当に素敵な体験をさせていただいたと思っています。そして現場に立つ度に、傑山という役にいろいろな思いが沸いてきて、この役を演じることができて良かったと思います。また皆さんとご一緒できるようにしっかり精進して、役者の道を歩んでいきますので、よろしくお願いします。一年間、お疲れ様でした。」と笑顔で話した。

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」は、毎週日曜20:00~放送中!
最終話まで、ぜひお楽しみください!
「2017車椅子ソフトボール大会 in 東京」始球式に登場!


市原隼人が、10/7(土)東京臨海広域防災公園で開催された「中外製薬 2017 車椅子ソフトボール大会in東京」にて、始球式プレゼンターを務めた。

車椅子ソフトボールは、原則的にスローピッチ・ソフトボールの公式ルールに則って行われる10人制の車椅子スポーツ競技。競技発祥の地であるアメリカではすでに50年近くの歴史があり、メジャーリーグの傘下で運営しているチームも多数存在、世界への普及拡大に努め、将来的にパラリンピック正式種目への採用を目指している。
日本では2013年の「一般社団法人 日本車椅子ソフトボール協会」設立を皮切りに普及し始め、北海道、北九州、東京、埼玉、横浜、宮城、大阪、群馬、東海、広島など10のクラブチームが誕生。競技人口も年を追うごとに増え続けている。

本大会ではトーナメント形式の試合のほかに、日本代表対アメリカ代表の国際親善マッチ、さらに車椅子ソフトボールの体験会も実施され、市原は自身が出演した野球マンガ作品「ROOKIES-ルーキーズ-」(2008年ドラマ、2009年映画化)で使用したユニフォームを着用し、日米戦の前に行われた始球式に登場。選手や観客に挨拶をしながらマウンドに立ち、大きな歓声を受けていた。

その後、市原は日米戦を観戦し、さらに体験会にも参加。車椅子ソフトボールの迫力と面白さを自ら体感すると共に、パラスポーツの楽しさをPRした。
映画「サムライせんせい」ポスタービジュアル&薩長土肥バージョン予告映像が解禁!


市原隼人主演映画「サムライせんせい」のポスタービジュアル、そして薩長土肥バージョン予告映像が解禁となった。

原作は黒江S介氏による同名漫画「サムライせんせい」(原作:黒江S介/リブレ刊)で、幕末・明治維新150周年記念し製作される同作。

幕末からタイムトラベルで現代へやってきたちょんまげの侍。それは幕末を生きた高知出身の志士・武市半平太。
尊王攘夷か公武合体かで国論が揺れていた幕末期、失脚して、投獄の身であった土佐勤王党盟主の半平太がふと目覚めると、そこは何故か平成の日本。ひょんなことで学習塾を経営する老人・佐伯に助けられ、佐伯の好意によって佐伯家に居候することになる。
半平太は、幕末と平成との間の様々なカルチャーギャップに戸惑いながらも、サムライの格好のまま、佐伯の経営する学習塾を手伝うことに。
当初は、子どもたちや町の人々から好奇の目で見られたりしたものの、持ち前の真面目さや温厚な人柄で、人々の信頼を得てゆく。
平成の世の中での暮らしに、なんとかなじめてきたある日、楢崎梅太郎と名乗るジャーナリストが半平太を訪ねてやってくる。楢崎の正体は、半平太の盟友にして幕末の英雄・坂本竜馬だった!

先行上映される薩長土肥バージョンとして公開される予告編では、平成の時代に迷い込んだ直後の半平太と、いきなり現れたサムライにアタフタする現代人が登場。
見たことのない現代の風景や生活ぶりに驚くばかりの半平太に反し、サムライを受け入れて行く周囲の人々の温かさが垣間見れるシーンも盛り込まれ、幕末時代と現代の様子が交錯する中、予告映像の後半では昔も今も変わらない日本への思いを語る半平太。「この日の本(ひのもと)をよくするために全力で奔走せないかんぜよ!」と、祖国を変えようと奔走した半平太らしいセリフが今を生きる現代人の心に深く刻まれる映像が完成した。

映画「サムライせんせい」は、11/18日(土)TOHOシネマズ高知他、薩長土肥先行公開。そして、2018年新春、東京公開ほか、全国北上公開。
ぜひご期待ください!



映画「サムライせんせい」公式サイト:http://samuraisensei.com/
映画「サムライせんせい」11/18(土)TOHOシネマズ高知にて先行公開決定!
市原隼人主演映画「サムライせんせい」が11/18(土)TOHOシネマズ高知にて先行公開されることが決定した。
原作は黒江S介氏による同名漫画「サムライせんせい」(原作:黒江S介/リブレ刊)で、幕末・明治維新150周年記念し製作される同作。
歴史の教科書でお馴染みの幕末を生きた高知出身の志士・武市半平太が、タイムスリップした現代日本で学習塾を手伝うことで繰り広げられる痛快なストーリーとなっている。

市原は、優れた剣術家でありながら、黒船来航以降の時勢の動揺を受けて攘夷と挙藩勤王を掲げる土佐勤王党を結成、同じ時代を生きた土佐藩の坂本竜馬とは遠縁にあたる志士・武市半平太を演じる。

11月に高知での先行上映が決定し市原は、「高知の皆様がいらっしゃなかったら、今作品は実現しませんでした。言葉では現せないほどの感謝の思いと敬意を払いこれから撮影に望みます。心身ともに鍛練を怠らず、強い思想家でもある武市半平太に寄り添い、皆様に楽しんで頂ける様に高知県で過ごす時間を大切に致します。古き良き心と共に。」とコメントを寄せた。

映画「サムライせんせい」は、11/18(土)TOHOシネマズ高知にて先行公開後、2018年全国公開予定。
ぜひご期待ください!

【物語】
幕末からタイムトラベルで現代へやってきたちょんまげの侍。それは幕末を生きた高知出身の志士・武市半平太。
尊王攘夷か公武合体かで国論が揺れていた幕末期、失脚して、投獄の身であった土佐勤王党盟主の半平太がふと目覚めると、そこは何故か平成の日本。ひょんなことで学習塾を経営する老人・佐伯に助けられ、佐伯の好意によって佐伯家に居候することになる。
半平太は、幕末と平成との間の様々なカルチャーギャップに戸惑いながらも、サムライの格好のまま、佐伯の経営する学習塾を手伝うことに。当初は、子どもたちや町の人々から好奇の目で見られたりしたものの、持ち前の真面目さや温厚な人柄で、人々の信頼を得てゆく。
平成の世の中での暮らしに、なんとかなじめてきたある日、楢崎梅太郎と名乗るジャーナリストが半平太を訪ねてやってくる。楢崎の正体は、半平太の盟友にして幕末の英雄・坂本竜馬だった!
映画「サムライせんせい」主演決定!
市原隼人が、2018年公開予定の映画「サムライせんせい」で主演を務めることが発表された。
同作は、黒江S介氏による同名漫画の映画化で、尊王攘夷運動を展開した土佐勤王党を率いる武市半平太が、幕末から現代にタイムスリップし、居候先の老人が営む学習塾で先生となって現代のさまざまな問題を斬る痛快コメディー。
2018年、明治維新から150年を迎えることを記念して映画化が決定した。

高潔な武士であり、真面目すぎるチャーミングさを併せ持つキャラクター・武市半平太を演じる市原は、「自分は大義があり、人情や武士道に生きていた時代が好きで性に合うので、満を持してのご縁だと思い、精いっぱい作品に寄り添いたいです。今までの経験を生かしながら、新たな気持ちで挑みます。」と意気込みを語った。

なお、6月中旬にクランクインし、武市半平太の故郷、高知の人々の全面バックアップのもと製作される予定となっている。

映画「サムライせんせい」は、2017年冬、高知にて先行公開後、2018年全国公開予定。
ぜひご期待ください!
「なりすまし」メール&サイトにご注意ください!
市原隼人本人並びに市原隼人のマネージャーを名乗る者より携帯電話宛に所謂「なりすましメール」を送信する業者が後を絶ちません。

内容がどういったものであれ、市原隼人またはマネージャーはファンの皆様に直接個人的にメールの送信をすることは一切ありません。

これら「なりすましメール」を受信された際はメール内容にあるサイトにアクセスをすることは絶対にせず、迷惑メールとして受信拒否設定をしていただきますようお願い致します。

当社でも報告を受けましたものに関しては対応をさせていただいております。また、不審なサイト等がございました場合はご一報をいただけますと幸いです。

株式会社スターダストネット

【お問い合わせ先】
http://www.stardust.co.jp/sd/inquiry/
「あいあい傘」
2018年10月公開
※雨宮清太郎 役
監督:宅間孝行
配給:S・D・P
公式サイト
「サムライせんせい」
2017年11月18日(土)TOHOシネマズ高知にて先行公開、2018年全国公開予定
※主演・武市半平太 役
監督:渡辺一志
公式サイト
「豪華芸能人 まさかのOK!? ミラクルオファー」
06/28(木)24:09~25:04
読売テレビ(全国放送)
「生中継!第72回トニー賞授賞式」
06/11(月)08:00~
WOWOWプライム
※スタジオゲスト
※出演情報
番組の都合により、急きょ予定が変更になる場合がございます。予めご了承ください。
お住いの地域によって、放送日が異なる場合がございます。
ミュージカル「生きる」
日程:2018/10/8(月・祝)~28(日)[10/7(日)プレビュー公演]
劇場:TBS赤坂ACTシアター
※渡辺光男 役
公式サイト
「J-WAVE SELECTION PIXUS TALK ABOUT PHOTOGRAPHY ~TAKAYUKI MAEKAWA creation:~」
06/03(日)22:00~23:00
J-WAVE

イベント情報は現在ありません。

「クラーク記念国際高等学校」byAERA
2018/05/08(火)
朝日新聞出版
「絶版バイクFAN」
2018/04/23(日)
「GooBike」首都圏版
2018/03/02(金)
「G 市原隼人」

発売日:2015/06/20
価格:2,300円(税別)
版型:A4サイズ/ 88P
撮影:杉山芳明
発行・発売:ギャンビット
通販ページはこちら
3rdフォトブック「VOLTAGE」
発売日:2011/09/29
価格:2,000円(税抜)
発行元:SDP
★スターダスト特典:ポストカード1枚
通販ページはこちら
オリジナルパンフレット「reaction」
価格:1,800円(税抜)
発行元:SDP
通販ページはこちら
写真集「HAYATO×JUNON LIFE」
発売日:2009/10/23
価格:2,000円(税抜)
発行元:主婦と生活社
Photo&Word Book「HigH LifE」
発売日:2009/05/14
価格:2,000円(税抜)
発行元:SDP
★スターダスト特典:『HigH LifE』オリジナルポスター
通販ページはこちら
Personal Photo Book「ぴーす」
発売日:2006/12/11
価格:2,000円(税抜)
発行元:SDP
通販ページはこちら
大河ドラマ「おんな城主 直虎」総集編

発売日:2018/04/27
価格:8,600円(税抜)Blu-ray
価格:7,600円(税抜)DVD
発売・販売元:NHKエンタープライズ
通販ページはこちら
「RIZE TOUR 2017 RIZE IS BACK 平成二十九年十二月二十日 日本武道館」
発売日:2018/03/28
価格:6,481円(税抜)Blu-ray
価格:5,556円(税抜)DVD
詳細はこちら
大河ドラマ「おんな城主 直虎」完全版 第参集

発売日:2018/03/21
価格:21,500円(税抜)Blu-ray&DVD
発売元:NHKエンタープライズ
販売元:ポニーキャニオン
通販ページはこちら
大河ドラマ「おんな城主 直虎」完全版 第弐集

発売日:2017/12/20
価格:21,500円(税抜)Blu-ray&DVD
発売元:NHKエンタープライズ
販売元:ポニーキャニオン
通販ページはこちら
大河ドラマ「おんな城主 直虎」完全版 第壱集

発売日:2017/08/18
価格:12,900円(税抜)Blu-ray&DVD
発売元:NHKエンタープライズ
販売元:ポニーキャニオン
通販ページはこちら
映画「ブルーハーツが聴こえる」
発売日:2018/02/02
価格:5,800円(税抜)Blu-ray
価格:3,800円(税抜)DVD
発売元:日活
販売元:ポニーキャニオン
ドラマ「沈黙法廷」

発売日:2018/01/24
価格:11,400円(税抜)DVD BOX
発売元:WOWOW
販売元:カルチュア・パブリッシャーズ
★スターダスト特典:劇中生写真
通販ページはこちら
映画「無限の住人」
発売日:2017/11/08
価格:7,990円(税抜)ブルーレイ&DVDセット プレミアム・エディション
価格:4,990円(税抜)Blu-ray
価格:3,990円(税抜)DVD
発売・販売元:ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
★スターダスト特典:劇中生写真
通販ページはこちら
ドラマ「リバース」

発売日:2017/10/25
価格:24,000円(税抜)Blu-ray BOX
価格:19,000円(税抜)DVD BOX
発売元:TBS
販売元:TCエンタテインメント
通販ページはこちら
ドラマ「福家堂本舗-KYOTO LOVE STORY-」

発売日:2017/08/04
価格:17,000 円(税抜)Blu-ray
価格:12,000 円(税抜)DVD
映像特典:140分超の本邦初公開秘蔵映像満載!メイキンク映像ほか
発売元:The icon MANUFACTURED BY AMAZON
ドラマ「不機嫌な果実」
発売日:2016/10/19
価格:18,800円(税抜)Blu-ray BOX
価格:15,200円(税抜)DVD BOX
販売元:株式会社ポニーキャニオン
★スターダスト特典:生写真
通販ページはこちら
ドラマ「双葉荘の友人」

発売日:2016/06/22
価格:3,800円(税抜)
販売元:カルチュア・パブリッシャーズ
★スターダスト特典:生写真1枚
通販ページはこちら
映画「極道大戦争」

発売日:2015/11/03
価格:5,200円(税抜)Blu-rayプレミアム・エディション
価格:4,200円(税抜)DVDプレミアム・エディション
販売元:ハピネット
★スターダスト特典:生写真1枚
通販ページはこちら
舞台「最後のサムライ」

発売日:2015年7月上旬予定
価格:7,200円(税込)DVD
仕様:約135分+特典映像15分
「Butterfly」

発売日:2015/06/20
価格:3,800円(税別)
内容:約58分
(本編:約18分 、ドキュメンタリー/メイキング・インタビュー約40分)
発売・販売元:SDP
通販ページはこちら
「THE KING OF FIGHTERS'98 ULTIMATE MATCH Online」
2017/1/18(水)~
公式サイト
「月刊旅色」著名人コラム『旅する理由』
3回連載
5/25(金)第1回 6月号
http://brl.ink/tabiiro/20180524114403.html
「ラスト亀田興毅 最後の現役復帰」
毎週土曜23:00~23:30
AbemaTV
※3/24(土)スタート
https://abe.ma/2DqOxkE
C-magazine「シゴトの哲学」Vol.9
http://cweb.canon.jp/cmag/philosophy/vol88/
au動画「ビデオパス」
https://auone.videopass.jp/navi/article/37907
「映画ナタリー」
https://natalie.mu/eiga/news/267999
「STARDUST OFFICIAL SITE」
http://www.stardust.co.jp/interview/article/ichiharahayato/04.html
「インターネットTVガイド」
http://www.tvguide.or.jp/feature/specialinterview/20180120/01.html
「クランクイン!」
http://www.crank-in.net/entertainment/interview/53736
「みんなでつくろう 東京2020『レスリー・キーがつなぐポートレートメッセージ 』」
http://www.nhk.or.jp/tokyo2020/
http://www.nhk.or.jp/tokyo2020/change/messages/main/17.html
「livedoorニュース」
http://news.livedoor.com/article/detail/13711810/
「STARDUST OFFICIAL SITE」
http://www.stardust.co.jp/interview/article/ichiharahayato/03.html
「MANTAN WEB」
https://mantan-web.jp/2017/04/08/20170407dog00m200038000c.html
「食べログマガジン」
https://magazine.tabelog.com/articles/3323
RIZE武道館公演「RIZE TOUR 2017 “RIZE IS BACK”」にゲスト出演決定!
2017年12月20日(水)東京・日本武道館
OPEN 17:30 / START 18:30
アリーナスタンディング \5,400(税込)※sold out
スタンド指定席 \5,400(税込)
※YOUTH割:18歳の以下の方は1,000円キャッシュバック(当日要身分証明書)
チケット一般発売中
詳細はこちら
「市原隼人オフィシャルカレンダー2016」
発売日:2015/12/17
価格:2,000円(税抜)
発行元:SDP
通販ページはこちら
「市原隼人オフィシャルカレンダー2012」
発売日:2011/11
価格:2,000円(税抜)
発行元:SDP
★スターダスト特典:オリジナルポストカード
通販ページはこちら

©COPYRIGHT 2015 STARDUST NET Inc. All RIGHTS RESERVED