森尾由美 オフィシャル・ウェブサイト - Yumi Morio Official Web Site -

COLUMN

「兵どもが夢の跡」

10月9日、ついに阪神タイガースの鉄人、金本知憲選手が引退しました。実はその前日、10月8日に私は結婚20周年の記念日を迎え、『20年継続する。』という事を改めて考えた日でしたが、ただ続けるだけなら簡単。やはり経過が大切だなと実感しました。
植物を例えにしても、毎日の水やり、健康状態を注意深く観察し、必要に応じての肥料やり。地道な気配りが立派な成長につながりますよね。
夫婦としてのあり方、私個人の成長、子育ての様子。いかに日々の積み重ねが大切なのか今更やり直すことはできませんが、反省とこれからの対策になりました。
日々の積み重ねを怠ることなく実践したのが金本選手でした。プロ生活21年間、「特に最初の3年間と最後の3年間は辛かった。」とご自身もおっしゃっていました。やめたいと何度も思ったとも。
それでも、毎日トレーニングをし、怪我をしても試合に挑む。健康管理も含め、いかに意識を高く維持し続けたか想像を超えます。とても強く、ブレない精神力の持ち主だと感心しきりです。タイガースは2005年にリーグ優勝をしたきり、甲子園は私にとって『夏草や 兵どもが 夢の跡』です。是非、金本選手の思いを継いで、再び歓喜で湧き上がるチームになって頂きたいです。
引退試合後、金本選手のお疲れ様会によんで頂いた時、「もう、無理して食わんでもいいんやな。」とポツリとこぼれた言葉に涙腺が緩んでしまいました。

写真は最後にグラウンドを1周する金本選手です。

photo

Weekly LALALAより
2012.10.18


BACK NUMBER

PAGE TOPへ