森尾由美 オフィシャル・ウェブサイト - Yumi Morio Official Web Site -

COLUMN

「冬支度」

この時期になると、私の実家の母は毎年、沢山の白菜の漬物を仕込んでいました。
私達兄弟がそれぞれ家庭を持って、独立してからは作らなくなりましたが、山のような白菜がキッチンに並べられ、ザクザクと切りさばいている母を見ると「ああ、冬だなあ。」と感じたものでした。
それに加え、3日がかりで支度をするおせち料理。あの頃の母は今の私より、もっともっと若かったはずです。当時は当たり前のように思っていたけれど、よくやっていたなあ。、と感心します。
お正月には、私達を朝風呂に入れ、晴れ着を着つけてくれて、玄関口に国旗を掲げて・・・思い出すと、ほっこりと温かい気持ちになります。
皆さんにも冬を感じる事がらや、物があると思います。思い出していますか?私はここの処、慌ただしくて過ぎ去った後に季節の行事を思い出す始末!心の余裕がない証拠です。たとえどんなに忙しくても、気持ちに余裕を持たないと。、と反省。
我が家の娘たちも成長して、家族以外のお付き合いも忙しく、大事になってきました。となると、あと何回家族四人で季節を一緒に過ごす事ができるか分かりませんものね。忙しさに任せて日々が流れ過ぎてしまわないように、出来る限り立ち止り、振り返ることをしていきたいと思いました。

結婚してから、冬を感じるアイテムが増えました。それは主人の母が編んでくれるルームソックスです。主人は子供のころから履いていたのですが、私はもちろん結婚してから。毎年、それぞれの好みに応じて編んでくれます。愛情タップリのあったかソックスに感謝しています。

photo

Weekly LALALAより
2012.11.22


BACK NUMBER

PAGE TOPへ