森尾由美 オフィシャル・ウェブサイト - Yumi Morio Official Web Site -

COLUMN

「桃の節句 2013」

東京では3月1日に『春一番』がふきました。
気温的には春とは言い難いですが、街を歩いていると沈丁花の蕾がふっくらと膨らみ、弾けんばかりとなっていました。私が子供のころ、住んでいた家の玄関先に大きな沈丁花が植わっていて、春になると小さな可愛いらしい花と、いい香りを楽しんだことを思い出しました。
そんな幼少のころの我が家のひな人形は、七段飾りの立派なものでした。今思えば、両親は頑張って奮発してくれたんだなあ、と思います。
今年のひな祭りはちょうど日曜日ということもあって、ご家族でお祝いした方も多いのではないのでしょうか。
我が家はといえば・・・今年の桃の節句は長女と二人きりでした。去年までは次女と二人。長女と過ごすのは久しぶりです。
例年通り、ちらし寿司に潮汁(うしおじる)を添え、春野菜のナムルと鶏の唐揚げを作りました。
今年のちらし寿司はちょっと手抜きをしてしまい、茶色の地味なものになってしまいました・・。
お雛祭り献立に合わせ、3、4日前に筑前煮を多めに作り、それをリメイクしてちらし寿司にしたため、煮こごりもプラスされて地味な色合いになりました。
形は知り合いのヘアメイクさんに教わり、牛乳パックを切り、ひし形にしてみましたが、これも詰め過ぎて太ったひし形に・・・(>_<)
ダイエットを再開した娘には春野菜のナムルがウケました。ミニキャベツ、菜の花、スナップえんどう、タケノコを茹でて、塩とごま油で和えたものです。
逆に鶏の唐揚げはダメ出しがありました。「ダイエットしてるのに!ここは唐揚げじゃなくて蒸し鶏でしょ!」と。ダイエットをしている娘がいると大変です。でも、こっそり唐揚げをつまんでいたのを、母は知っていますよ。

photo

Weekly LALALAより
2013.03.08


BACK NUMBER

PAGE TOPへ