森尾由美 オフィシャル・ウェブサイト - Yumi Morio Official Web Site -

COLUMN

「20年前の春」

先日、長女が二十歳の誕生日を迎えました。
今思えばなんだかあっという間のような、そうでないような・・・。
写真を整理しながら、長女が生まれた日の事を思い出してみました。出産をご経験の皆さんは陣痛が来たときに、まず何をしましたか?
私はご飯を炊いておにぎりを作りました。長丁場になることを予感したのか定かではありませんが、とにかく「おにぎり!」と思ったのです。
もちろん、初めての出産なので陣痛が始まってから、生まれてくるまでは時間が掛かりました。とても不安な気持ちで陣痛室にいました。その部屋の窓から、風に舞う桜の花びらを見て、気を紛らわせていました。
助産師さんに「面会時間中に出産出来れば、パパとの御対面ができますよ」と言われ、「そうなったら親孝行な子だね」なんて話していたら、なんと、面会時間終了2分前に生まれてくれました。こんな良い子が私達のところに生まれてくれて、と主人と喜びました。
ところが!良い子なのはここまで。長女は本当によく泣く子でして、ミルクを飲んでも、オムツを替えても、何が気に入らないのか、とにかく泣きっぱなしでした。1日16時間泣き通しと言う事もしばしば・・・。当時の育児日記には、私の泣きごとばかりが綴られていました。
そんな長女が二十歳!
どんな女性になってゆくのでしょうか。まだまだ心配です。
私も母に、こんなに心配をかけていたのかな・・・。
生意気にも大人ぶっていましたが、怖いもの知らずって怖いですね。
心配ですが、あまり口出しせずに見守っていきたいです。

photo

Weekly LALALAより
2013.04.12


BACK NUMBER

PAGE TOPへ