森尾由美 オフィシャル・ウェブサイト - Yumi Morio Official Web Site -

COLUMN

「3度目の春」

先日の3月11日は東日本大震災があった日でしたね。
「もう」なのか「まだ」なのか、人それぞれ感じ方は違うと思いますが、依然、仮設住宅で過ごしている方がまだたくさんいらっしゃいます。
日本では3月11日、テレビでも各局特集を組んでいて、あの時の映像が流れ、恐怖が生々しく蘇ってきました。どの番組でも復興するにあたっての問題が山積みだと訴えていました。今でも残っている津波の後の建物をモニュメントとして残すのか否か、新たに住居を構えるための資金繰りや人手不足、防波堤等の区画整備が遅々として進まない事、瓦礫の処理、心のケア、未だ行方不明の方の捜索・・・。復興には、まだまだ程遠いようです。
私たちは、これからどのようにお手伝いしたらいいのでしょうか。
この日、私は宮城県石巻市の相川保育園の元園長先生と、岩手県陸前高田市を支援する際に、窓口になって下さっている方に電話をしました。
石巻市の先生は、去年までは無我夢中で泣く暇がなかったけれど、今年は追悼式で行った1分間の黙とうがとても長く感じ、改めて無くしたものの大きさを知って、今まで以上に悲しくなったそうです。
子供の成長は待ってくれないのに、未だに教育、保育面で以前のように出来ず、子供たちに我慢させている事があるのが辛い、ともおっしゃっていました。 陸前高田の方は、「随分と良くなったから、是非遊びに来てほしい。」とおっしゃっていました。
その言葉を聞いて「そうか、こういう応援の仕方があった!」と思いました。復興しようと頑張っている方達を直接応援することはできますよね。
海の状態も8、9割方戻ってきているそうです。
早速、毛ガニを頂きました。とても身がぎっしり詰まっていて美味しかったです。わかめもふっくら厚みがありました。
あの時を忘れずに。これからも出来るお手伝いをしていきましょう。

photo

Weekly LALALAより
2014.03.21


BACK NUMBER

PAGE TOPへ