森尾由美 オフィシャル・ウェブサイト - Yumi Morio Official Web Site -

COLUMN

趣味というもの

ああ!NORDSTROM RACKに行きたい!…いきなり冒頭からすみません。
今年はブラックフライデーのお買い物に行けなかったので、なんとなく寂しいような気がしまして…。
別に何か欲しいものがある訳でもないのですが、なんとなくです。なんとなく。
セールのお知らせがメールでたくさん送られてくるので、購買意欲が刺激されたのでしょうね。

みなさんはお買い物に行きたいと思うときに、罪悪感を感じることがありますか?
何を買うかにもよるとは思いますが、私は自分の物を買う時は、罪悪感を少し抱きます。
欲しい、でも自分のものを買うのはよくないかな、と悩むけれど、結局買ってしまって罪悪感。
主人に言わせれば、「下らない事」なんですけどね。

ロケの待ち時間に夏目漱石の草枕を読んでいたら、その「下らない」悩みのヒントがありました。
内容は三十歳の洋画家を主人公とした「非人情」の世界を書いたものですが、日常の煩わしいことを少しでも緩和するために、絵画や詩などが存在するというような事が書いてあり、なるほどと思いました。
絵を描く、あるいは観ることで現実から束の間ですが、離れる事ができますよね。詩などもそうですね。
要は気分転換なのだと思いますが、ストレス解消やリフレッシュするための何か。
やはり、趣味といえるものがあるのはいいことなんだなぁ、と改めて思いました。

じゃあ、買い物が趣味なら罪悪感は抱かない?なんて屁理屈は、考えないでおきますね。

photo

ラテアートを楽しみながら趣味を模索しましょう。
お料理が趣味のように毎日楽しくできたらいいのになぁ(^^;;

2016.12.09


BACK NUMBER

PAGE TOPへ