BLACK SOUL MUSIC

BIOGRAPHY

Birthday : 1987/1/2
Birth Place : SEOUL

BIOGRAPHY :
韓国・ソウル出身。 幼少時より母の影響でブラック・ミュージックやソウル・ミュージックに囲まれて育つ。
18歳のとき、デモテープが音楽プロデューサー松尾“KC”潔氏の耳に留まり、2006年11月にソニーミュージックよりデビュー。
アーティストとして活動する一方で、独自の音色選びやコーラスアレンジが話題を呼び、作曲及びプロデュースを手掛けた黒木メイサ「Bad Girl」(デビューアルバム『hellcat』収録曲)が映画『クローズZEROU』の劇中歌に起用され、クリエイターとして一気に注目を集める。
2011年よりボーカルラップグループ「WAZZ UP」のボーカルとして活動。
同グループの作詞作曲プロデュースを行うと同時に、K、w-inds.、KEITA、山下智久、KG、U-KISS、CODE-V、Flower、傳田真央、MAAKIIなど、数多くのアーティストへの楽曲提供、プロデュース、アレンジ、ヴォーカルディレクションなどを行う。
2015年より韓国での兵役義務に就くため活動休止、2017年6月にクリエイターとして再始動。母国語である韓国語、そして堪能な日本語力を活かし、嵐への作詞提供(「未完」、GREEN LIGHT(2017年))や、韓国のガールズグループGFRIENDの日本デビューアルバムに日本語詞提供(トキヲコエテ(ROUGH)、NAVILLERA)など、ますます活動の場を広げている。

© SDR Inc, All Rights Reserved.