第9回公演 『夢の中の恋人と、いちごの関係?』

★あらすじ

初めての恋人はいろんな話をしてくれた。
年に一度しかオープンしないカレー屋さんについて、坂道を楽に登る方法、わたしの知らない世界の話。
彼の隣にいる時間が永遠に続いたらいいのに。
その願いは儚く砕け散った。
彼はわたしの夢の住人だったのだ。


どうしたらまた会える?


わたしと彼の関係は、いちごの様に甘酸っぱい…だけじゃない。



プロデューサー / 金沢知樹

★プロフィール
劇団K助主宰。作家・演出家。
舞台『部屋と僕と弟のはなし』で文芸社ビジュアルアート『星の戯曲賞』を受賞。
2014年俳優の斉藤工が監督を務め井浦新が主演した短編映画『半分ノ世界』の脚本を担当。
『半分ノ世界』はアメリカのエミー賞・ 最終候補にノミネート。

2015年
1月:本多劇場『365000の空に浮かぶ月』を上演
2月:テレビ東京で脚本を担当した連続ドラマ「カサネ」がオンエア。
6月:TBS・MBSの深夜連続ドラマ「シメシ」の脚本を担当。
主演は村上淳、林遣都、光石研 他
11月:サンシャイン劇場にて劇団SET公演『虹を渡る男たち』を上演予定

今後、舞台や連続ドラマ、映画など順次発表。


プロフィール




脚本 / 右手愛美(ピヨピヨレボリューション)

★プロフィール
劇団ピヨピヨレボリューションのすべての作曲、脚本を手掛ける。
2001年に雑誌『ピチレモン』のグランプリに輝き専属モデルに。
その後同誌モデル4人とユニット「ピポ☆エンジェルズ」を結成。
アニメ「探偵学園Q」やマックのハッピーセットのテーマソングなども担当する。
その他モルディブイメージガールグランプリなど、持ち前のスタイルの良さを発揮した10代。
20代になり、女優活動する中で、元々好きだった作曲を活かして自分でも作品を作ってみたいと、自身で脚本と演出、作曲を担当し音楽朗読劇、音楽劇を2013年、2014年で計3回上演。
また、浅井企画に所属し、地上波では日テレ『PON!』火・金レギュラー出演。
ゲストで、フジテレビ『世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?』、日テレ『芸人報道』、NHK『うまいッ!』レポーターなどタレントとしても活躍している。
5月末からAmazon primeにて、「バチェラー・ジャパン シーズン2」に出演。


<主な舞台出演歴>

アマヤドリ「旅が果てしない」@東京芸術劇場
柿喰う客「露出狂」@王子小劇場
柿喰う客「悩殺ハムレット」@シアタートラム
燐光群「現代能楽集 初めてなのに知っていた」@ザ・スズナリ
ジョー&マリープロジェクト「熱闘!飛龍小学校」@シアターサンモール
カンコンキンシアター@グローブ座


プロフィール


演出 / コロ(ピヨピヨレボリューション)

★プロフィール
劇団ピヨピヨレボリューションのすべての演出、プロデュースを手掛ける。
柿喰う客の劇団員として旗揚げ~2012年まで活動。
並行して自身のプロデュースユニット「コロブチカ」にて公演を行う。役者としての出演作多数。


<主な舞台出演歴>

2011年までの柿喰う客の作品ほぼすべて。
セーラームーンミュージカル「la Reconquista」@AiiA Theatre Tokyo(ネフライト役)
Dull colored pop「人間失格」(主演)@青山円形劇場
くちびるの会「ケムリ少年、挿絵の怪人」(主演)@吉祥寺シアター
クリエ「真夜中の弥次さん喜多さん」@シアターGロッソ



ピヨピヨ

劇団プロフィール

ピヨピヨレボリューションとは、ポップだが確かな後味の残る世界観を、歌、ダンス、台詞にのせて表現。
まるで音楽ライブを観ているノリでストーリーを楽しむ、お客様も一体となったエンタテイメントショー!
名づけて『ライブstyle演劇』を、体現する団体である。

ピヨレボに関わったキャストには全員その人にちなんだレボリューション名が授けられる。

老若男女すべての人が楽しめるよう、現在、本公演の他に以下のコンテンツを予定している。
1.Dark side…ビターテイストの大人向けの演目
2.ピヨレボーイズ…男性キャストメインの公演
3.ピヨレボジュニア…高校生以下キャストのみでの公演
4.ピヨレボシニア…40歳以上キャストのみでの公演
5.ピヨラボ…実験的な表現の発表の場
6.ピヨレボスピンオフ…本公演の後に短編のスピンオフ作品を上演
7.ピヨピヨコラボレーション…他劇団とのコラボ公演
8.ピヨレボLIVE…演劇styleライブを展開。




第9回公演『夢の中の恋人と、いちごの関係?』

少女劇団いとをかし 第9回公演『夢の中の恋人と、いちごの関係?』

★出演者(予定)
小西はる / 朝日奈芙季 / 湊梨紗 / 杉浦さくら / 牧内莉亜 / 渡辺梨世 / 朝倉ひなか
星乃明日美 / 美南早希 / 本庄風月 / 伏見彩 / 崎本紗衣 / 武野汐那 / 和泉詩 (以上、少女劇団いとをかし)

★プロデューサー
金沢知樹

★脚本
右手愛美(ピヨピヨレボリューション)

★演出
コロ(ピヨピヨレボリューション)

★公演日
2018年8月18日(土)、19日(日)
【第1部】開場11:45 / 開演12:30
【第2部】開場15:45 / 開演16:30

★会場
川崎市アートセンター アルテリオ小劇場(小田急線 新百合ヶ丘駅北口徒歩3分)
http://kawasaki-ac.jp/th/

★チケット・券種
全席指定¥4,000(税込)

※未就学児(小学生未満)入場不可
※終演後、メンバーがハイタッチでお見送りをいたします。

★アフターイベント
▼18日(土)1部 いとをかし初の試み!「アフタートークショー」

お越し頂いた皆様全員の方と、初日を迎えての感想や残り3公演に対しての意気込みなどのトークショーを実施致します!
ぐだぐだになる可能性もありますがご愛嬌で…!最後は出演者全員と観客の皆さんと集合写真も撮影します!
※トークショー終了後にハイタッチでお見送りさせて頂きます。

▼18日(土)2部 このメンバーでこの日にしか撮れない「いとをかしの世界で記念撮影会」
出演者14名が2つのグループに分かれて、グループショット撮影会を舞台上で18日(土)2部のチケットお持ちの方限定で実施します!
撮影ご希望の方は生写真3セットご購入でご参加可能となります。ここでしか撮影出来ない写真を是非おさめてみませんか!?
※終演後ハイタッチでお見送りをさせて頂いてから、記念撮影会を行います。
※参加方法やグループ分け等詳細は追って更新します。

▼19日(日)1部 千秋楽前にぶち上がろう!「千秋楽直前ミニミニライブ祭」
千秋楽前のこのタイミングでミニライブ!?
お話の余韻に浸りつつ、千秋楽に向けて19日(日)1部にお越し頂いた観客の皆さんと心を一つにするべくミニライブを実施!
最後は出演者全員と観客の皆さんと集合写真も撮影します!
※ミニライブ終了後ハイタッチでお見送りさせて頂きます。

 
主催:スターダストプロモーション制作3部
制作:スターダストプロモーション制作3部/SDR
Supported by J:COM

公演に関するお問い合わせ:
SDR TEL:03-5457-7200 (平日13:00~17:00)


少女劇団いとをかし第9回公演 最新チケット情報はコチラ!
http://official.stardust.co.jp/ito-wokashi/ticket.html



【少女劇団いとをかしHP】http://official.stardust.co.jp/ito-wokashi/
【ブログ】http://ameblo.jp/itowokashi-sd/
【Twitter】@itowokashistaff



スターダストプロモーション芸能3部
J:COM湘南